殺処分廃止

今市地区にある、ドックセンターを視察しました。

本当に悲惨です。

 

写真の子たちは、今はもういないのです。

 

なぜ、同じ命ある仲間を処分しなければならないのでしょう。

 

野犬・野良猫などの問題もあります。

けれど、そうしたのも人間です。

 

都合の悪いなものは『隠す』『処分する』という風潮を改めなくてはなりません。

 

殺処分する前に取り組むべきことが、あるのです。

 

実際に熊本市などで、努力されて結果を出しています。

 

処分する施設が動かなくなることは、決して恥なことではありません。

むしろ、日光市の誇りとなるでしょう。

 

※ドックセンター視察

JTR 日本税制改革協議会 ロゴ

 

 

自治体議会改革フォーラム ロゴ

無料カウンター